So-net無料ブログ作成

Dell Studio XPS 9000 のリニューアル その2 [その他]

ということで、前回の続き、設定編です。

DELL Studio XPS 9000の後ろのねじをはずし、作業開始です。
DSC03412.JPG
今回も一部の人だけ楽しみですね。。。



DSC03415.JPG
サイドパネルを外したところです。

DSC03418.JPG
手前のバーが邪魔ですね。

DSC03421.JPG
ということで、外します。
ドライブの空き状況は、上部に1スロット。下部にある3スロットの内2スロットが開いています。ので計3スロットを追加できます。

DSC03425.JPG
まずは、「Intel SSD 520」です。

DSC03428.JPG
これを追加しねじで留めます。

DSC03431.JPG
その下には、「HGST HDS723020BLA642 3.5インチ HDD」を一番下のスロットにセットします。

DSC03433.JPG
SATAケーブルのソケットには。

DSC03438.JPG
「SATAケーブル」をさします。

DSC03476.JPG
メモリースロットは6個ですが、トリプルチャンネルのためすでに3つが埋まっています。

DSC03478.JPG
「DDR3 T3U1333Q-4G DDR3 PC10660 CL9 4GB3枚セット」をさします。

ここまで作業は20分ぐらい。昔と比べると格段に作業が楽になっていますね。

この後、既存のCドライブの代わりに、「Intel SSD 520」を設定します。

ここで、問題が一個発生します。元のHD(1TB)と新しいSSD(120GB)の容量の問題です。
新しいプライマリーディスクが、古いプライマリーディスクより、大きい場合は、DELLのページにのっている方法でバックアップディスクから復元することができません。結局インストール用のメディアを手に入れWindows 7 Ultimate 64Bitをインストールしました。

ということで、以下の環境に生まれ変わりました。
・ Windows 7 Ultimate 64Bit(再インストール)
・ インテル(R) Core(TM) i7-930 プロセッサー (2.80GHz, 8MB L3 キャッシュ)
・ 6GB(2GB x 3) →18GB(2GB x 3+4GB x 3)
・ NVDIA GeforceGTX260
・ 1TB SATA HDD (7200回転) →128GB SSD +2TB SATA HDD +1TB SATA HDD
・ ブルーレイコンボドライブ

なぜか、Windows エクスペリエンスインデックスはまったく変化がないのですが、体感的にはかなり早くなりましたので、大満足です。これでしばらく現役ですね。








nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 3

ソニックマイヅル

スーパー快適な環境なんでしょうね。^^;
by ソニックマイヅル (2012-07-23 09:34) 

夏音

まったくの門外漢なのですが
メモリスロットが淡いペールカラーなのが
ちょっと驚きでした(・∀・)意外とカラフル
by 夏音 (2012-07-24 00:08) 

kesagake

>Windows エクスペリエンスインデックスはまったく変化がないのですが

私は東芝のSSDに換装したのですけど、7.9の最高値になりましたよ。
マザーがLGA2011だからなのか?

ただWindowsの起動だけなら、SeagateのハイブリッドHDD(8GBのSSD
がキャッシュ的に使われ、HDDは750GB)で十分早かったです。
セカンドマシンに入れましたが、かなり満足して使ってます。
こちらはLGA1366でMorimoさんと一緒です。
by kesagake (2012-07-27 12:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。